伝えたいことを明確に伝えるには?

ライティングの仕事を始めて慣れるまでのうちは、クライアントから提示された仕様にしたがって記事を作成することで精一杯というところです。

 

そこから次第に、自分の伝えたいことを明確に伝えるということへシフトしていくことになります。

 

要点を明確に伝えることができれば内容も理解しやすいものになりますし、
記事を読むことに対するストレスもありません。

 

最初に結論を置いてしまう

要点をもっとも明確に伝えることができ、その後に理由を続けていくことで、
読む側からも興味が失われません。

 

また自然に記事から無駄な内容がそぎ落とされていきますから、
全体的にもわかりやすくなります。

 

最初に結論をおさえていれば、その後は拾い読みをしたとしても
要点と関連していることがわかっていますから、理解度が大きく違ってきます。

 

曖昧な表現を避ける

主観的な表現や推量の表現は、文章の説得力を低めてしまいます。
その道の本当にプロフェッショナルな専門家でなければ、
私見を語って納得されるということはまずありません。

 

ライティングの記事で「思います」などの表現は、
強制的に指示されている場合を除いて使用しないべきです。

 

接客用語などで最近聞かれることが多くなってきた「○○するかたち」、
「○○の方」なども、記事には取り入れるべきでありません。

 

シンプルに端的に

理想は、主語と述語だけでシンプルに端的に要点を述べることです。
極力は主語と述語の距離を近づけ、むやみに修飾語を増やさないようにします。

 

ひとつひとつの文章をコンパクトにすることで、
読む人を悩ませるようなこともなくなっていきます。

 

接続詞はスリム化する

文法表現としていろいろな接続詞があり、国語力を活かすことのできる部分でもありますが、
ライティングでは欲張って使用しないようにします。

 

文章ごとに次々に接続詞を使っていると、
文がどこまでも連続している印象になってしまうのです。

 

たとえば並列の表現に用いる「あるいは」、「または」、「および」といった接続詞は
「か」、「と」、「や」などの助詞で置き換えることもできます。
それほど頻繁に使用しなくても、十分に済むのです。

 

文末は引き締める

文末は文章の中でも悩むところですが、冗長なものにしないことがベストです。

 

最近は話し言葉が記事の中に取り入れられてきている風潮もありますが、
あまりに話し言葉を使用することも良くありません。

 

間違えられがちな敬語も過剰なものが目立つようになっていて、
省いても問題はありません。

 

文章だけで伝えるということを意識すれば、普段使っている言葉と記事に使用する言葉は、まったくの別物であるとして認識しても良いかもしれません。


伝えたいことを明確に伝えるには?|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

同じ言葉の使い過ぎはNG!
在宅ライターとしての記事を読みやすい印象とするには、同じ言葉の使い過ぎにならないよう注意が必要です。
文体に関する注意点
在宅ライターとして作成する記事は、表現方法にも気をつけなければなりません。求められるものを正確に!
文末が同じにならないように
読みやすく飽きられない記事を作るためには、文末についても単調にならないよう注意しなければなりません。
話し言葉に注意!
文章を書く機会が減っているためか、ライターが作成した記事にも話し言葉の混ざっているものが見られます。
キーワードライティングのポイント
在宅ライターの案件でニーズが高いキーワードライティング。記事の価値を高めるために必要なポイントは?
美容・健康記事のポイント
美容・健康分野の記事は商品を紹介する場合が多く、悩みの解決に導くような内容にすることがポイントです。
初心者ライターの著作権に関する認識は甘い?
ライターとして、著作権の侵害は絶対に許されません。ただ初心者のうちは、その認識が甘い場合もあります。
磨きたいリライトのスキル
ライティングの仕事で質を高めるために、引き出しを増やすにもリライトのスキルは必須のものとなります。
敬語である必要はない?
ライティングの仕事で作成する記事でぞんざいな表現があってはいけませんが、敬語がベストでもありません。
ライティングで求められる文章
文章力に自信があってライティング業務に挑戦する人もいるのですが、要求される文章力は、独特のものです。
著作権・肖像権の権利侵害に注意!
ライターの仕事ではさまざまな題材を扱いますから、著作権や肖像権にも十分に注意して臨む必要があります。
記事が使われる先のことも覚えておこう
ライターの納品した記事が使用される先のことまでを考えると、作成する文章の構成を考えやすくもなります。
主婦ライターが専門的な記事を書く方法
主婦ライターというとどうしても素人的なイメージもともなうのですが、専門的な記事を書く方法はあります。
コンテンツ力を身につける
検索エンジンの変化もあり、ライティング記事は以前よりもコンテンツの質が要求されるようになっています。
PREP法
ライティング作業において人に読まれやすい記事を作成する上で、PREP法は頭に入れておきたい技法です。
記事が必要とされる本質を考える
ライティングの記事を書く上では、記事が必要とされている本質的なところまでを理解しなければなりません。
クライアントから喜ばれる記事を書くためのコツ
ライティングの仕事でクライアントに喜ばれる記事を書くには、その意図をしっかり汲み取ることがコツです。
文章をわかりにくくする要素は省いて
ライティングの文章を良くするには、文章をわかりにくいものにするマイナス要素をなくすことも効果的です。
薬事法にかかわるライティングの難しさ
医薬品や健康食品などをテーマにした記事のライティングには薬事法がかかわり、その難易度も高くなります。
人を動かす記事を書く秘訣
ライティング記事で読んだ人の行動を変えることができれば、クライアントのリピート依頼にもつながります。
引用・参照のリスク
ライティングを行うにあたっては文献やウェブも引用、参照しますが、そのリスクも知らなければなりません。
大げさな表現に要注意!
商品紹介記事などでは良さを伝えようと表現が派手になりがちですが、大げさになりすぎないよう要注意です。
数字を使うことの良し悪し
ライティング記事に数字を使用することで、読んだイメージを具体的にする効果があります。ただ落とし穴も?
ライターとして記事作成に役立てたいツール
ライターとして記事を作成するにあたっては、便利なツールを役立てることでも作業を効率化したいものです。
覚えておきたい!禁止項目
ライティング案件には、共通して禁止されている事項があります。暗黙のルールとして把握しておくべきです。
ミスをなくしたい!キーワードライティングの条件をクリアする方法
キーワードライティングでは、クライアントから指定される条件が少なくありません。ミスをなくすためには?
知っておけば作りやすい!ライティング記事の種類
ライティング記事は目的に応じていくつかの種類があり、それを知っていることで文章も作りやすくなります。
人目を釘付けにするならタイトルと書き出しに注目!
人の目を記事へ惹きつけるには、タイトルと書き出しがポイントです。読まれるかどうかの分岐でもあります。
文章をわかりにくくする要素は省くべし!
ライティング記事を読まれるものとするためには、文章をわかりにくくしてしまう要素を省くことが重要です。
シンプルな文章にこだわってみる
ライティングの記事をある程度自由にすることが任されている場合、シンプルな文章を追求することも手です。
読者のメリットになるもの
ライティング案件の記事は読み手がいてのものですから、読者にはメリットとなるものがなければなりません。
記事の引き出しを増やすには?
ライターとして仕事をする中で、自分の引き出しを増やしていかなければ記事を作成するにも限界が生じます。
情報収集も効率的に!
ライティングで必要なテーマをすべて熟知しているということは、ありません。効率的な情報収集も必要です。
作成時間のハードルを作ってスキルアップ!
ライターの仕事に慣れないうちは、質を求めすぎるのでなく時間的なハードルを上げるという方法もあります。
ライティング記事の重要度
今やウェブライティング記事は、パンフレットなど紙の媒体に比較して、重要度が高いという評価もあります。
コピペチェックソフトで自分を客観視
ライターに記事を外注する会社などが使用するコピペチェックソフトは、ライターが活用することも可能です。
ウェブページの構成要素
在宅ライターで生活している管理人が、ライティングのコツを公開!
「薄い記事」から質を高めるために心がけたいこと
仕様を満たそうというばかりを考えていては、「薄い記事」になってしまいます。さらに質を高めるためには?
「まとめ」は便利…でも過信は禁物?
ウェブライターとして記事を作成するにあたり、「まとめ」は便利です。ただ情報の活用には十分気をつけて。