ライティングの可能性を感じた仕事

管理人がライティングの仕事をスタートさせた当時は、
雑多なキーワードについてそれほど文字数の多くない記事を量産する
という案件が多く見受けられていました。

 

その代わりに単価は100円程度のものが大部分であり、
クライアントから定期的に渡される作業量にも上限があったため、
なかなか思うように収入を伸ばすことのできない状況が続いていました。

 

あるクライアントとの出会い

そのような中で、意欲的に依頼を出してくれるクライアントと仕事をする機会がありました。

 

案件の内容はそれまでのものと大きくは違いませんでしたが、
作業への慣れもあって納品するスピードが上がっていくと、
さらに大量の発注をしてもらいたいと考えるようになります。

 

思い切って大量の発注をしてもらいたい旨を相談してみると、
記事に使用するキーワードの選定が手間であるということでした。

 

そこでいっそのこと、管理人の側でキーワードの選定から記事の作成までを
一手に引き受けたいと提案したところ、それが認められたのです。

 

そのおかげでこの案件からかなりまとまった報酬を得ることができ、
仕事を続けていく可能性も見えてきました。

 

ライティング,可能性,仕事

それだけでなく検索エンジンとキーワードの関係などについても知識が得られ、クライアントが記事を求めている理由や納品物として適した記事に関する基本までも、学ぶことができたのでした。

 

どのようなことが自分のチャンスになるかわかりませんから、
初心者ライターの方も最初のうちにさまざまなタイプの案件に挑戦してみることをおすすめします。

ライティングの可能性を感じた仕事|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

クライアントが行方不明!?
ウェブライティングの仕事はクライアントと顔を合わせないことも多く、トラブルにつながる要因もあります。
トラブル発生!
PCを使って取り組むライティングの仕事では、いつでも起こり得るトラブルに考慮しておく必要があります。
ふとした勘違いが大変なことに?
ライティングの仕事を続けていると、案件に関する勘違いなどから、思わぬミスをしてしまうこともあります。
体調管理は生命線
ライティングの仕事は個人事業として行うものですから、十分な体調管理のもと仕事にあたる必要があります。
短文高額のラッキー案件
やはりライティングの仕事をしていて最高にうれしい仕事は、文字数が短く高額な単価になっているものです。
初心者ライターの月収
:ライティングの仕事へ本格的に取り組もうとなれば、ほぼ例外なく、月収1万円というような時期があります。
ウェブライターの不安
ライティングの仕事は1人で取り組む以上、強制されるものがありません。自由である反面、不安もあります。
「紹介」という出会い
ウェブライターは自分で動かなければ仕事も得られないものですが、時に紹介を受けるという幸運もあります。
節約にもなるライターという仕事
自宅でライターの仕事をするということは、外へ働きに出る場合と比較して節約になるという側面があります。
厳しいクライアントも自分の糧になる?
ライターには厳しく接するクライアントもいます。つらいものですが、一度仕事をしておいて損はありません。
ブラックからの脱出
管理人はずっとブラックのような環境で働かなければ生活も苦しかったものの、ライター専業で変わりました。
反面教師として汚点を晒す
正直在宅ライターという仕事は、自分との戦いです。自己管理ができなければ、どこまでも落ちていきます…。