これはピンチ!入金されない…

管理人がライティングの仕事をスタートさせてからは5年あまりが経過しているものの、
これまで責任問題を問われるといった大きなトラブルが起こったことは幸いにしてありません。

 

それでも、ひとつ間違えば仕事を続けることが難しくなり得るような事態はありました。
もっとも深刻なことは、やはりお金にまつわるトラブルです。

 

クライアントとの業務委託契約を締結する際には必ず、
報酬の支払いに関する取り決めがあります。

 

そのほとんどは納品して数営業日以内、
あるいは締め日として日付が指定されていて
何日締め、何日払いというかたちになっています。

 

ところがあるとき、支払日が決まっている法人のクライアントから入金がなかったのです。

 

ライティング,トラブル

その月はそのクライアントからの仕事を重点的にこなしていて、
月間の受託金額としても過去最高の10万円以上になっていました。

 

その金額が入金日から数日を過ぎても未入金のままになっていて、
しかも何度メールしても返信がないという状況になったのです。

なんとか見つけた電話番号

連絡先もわからないためインターネット上で徹底的に情報収集をして、
なんとかそれとおぼしき電話番号を見つけることができました。

 

それもすぐには連絡がつかず1日に数度、何日か根気良く着信を残し続けたところ、
幸いにして対応してもらうことができたのでした。

 

この間は正直生きた心地がしませんでしたし、
ほかの作業をしていても手につくものではありませんでした。

 

この件以降、案件を受けるクライアント探しには慎重を期するようになり、
既存クライアントに紹介を求めるといった方向へシフトするようにしています。

クライアントが行方不明!?|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

ライティングの可能性を感じた仕事
管理人がライティングの仕事を始めた当時は不安ばかりでしたが、ある仕事が可能性を感じさせてくれました。
トラブル発生!
PCを使って取り組むライティングの仕事では、いつでも起こり得るトラブルに考慮しておく必要があります。
ふとした勘違いが大変なことに?
ライティングの仕事を続けていると、案件に関する勘違いなどから、思わぬミスをしてしまうこともあります。
体調管理は生命線
ライティングの仕事は個人事業として行うものですから、十分な体調管理のもと仕事にあたる必要があります。
短文高額のラッキー案件
やはりライティングの仕事をしていて最高にうれしい仕事は、文字数が短く高額な単価になっているものです。
初心者ライターの月収
:ライティングの仕事へ本格的に取り組もうとなれば、ほぼ例外なく、月収1万円というような時期があります。
ウェブライターの不安
ライティングの仕事は1人で取り組む以上、強制されるものがありません。自由である反面、不安もあります。
「紹介」という出会い
ウェブライターは自分で動かなければ仕事も得られないものですが、時に紹介を受けるという幸運もあります。
節約にもなるライターという仕事
自宅でライターの仕事をするということは、外へ働きに出る場合と比較して節約になるという側面があります。
厳しいクライアントも自分の糧になる?
ライターには厳しく接するクライアントもいます。つらいものですが、一度仕事をしておいて損はありません。
ブラックからの脱出
管理人はずっとブラックのような環境で働かなければ生活も苦しかったものの、ライター専業で変わりました。
反面教師として汚点を晒す
正直在宅ライターという仕事は、自分との戦いです。自己管理ができなければ、どこまでも落ちていきます…。