ふとした勘違いが大変なことに?

管理人はライティングの仕事に慣れてきて初心者の段階から一歩進んだかという頃に、
いくつかミスの続いたことがありました。

 

案件に関して大まかな仕様上の傾向などをある程度把握してきたということで、
今にして思えば慣れによる油断があったのかもしれません。

 

また、いろいろな依頼を受けるためにも早く実績を積みたいという思いもあり、
なるべくであれば「できない」ということは言いたくなかったので、
打診があれば何でも引き受けていたというところもありました。

 

そこで案件の仕様について自分なりの解釈をしてしまい、
後からそれが勘違いだったということもあったのです。

 

 

文字数を間違えていて長く書きすぎたといったときは、
削れば良いだけでしたからまったく困ったことはありませんでしたが、
50記事ですべて200文字ずつ足りなかったときは大変な手間になりました。

 

そのほか、クライアントへ納品する前に一度内容を確認していて
ミスを見つけたというケースもあり、
次の作業へ着手するスケジュールが大幅にずれこんだこともありました。

 

それでもまだ自分で気づいているのですが、
最悪は納品した後にクライアントから指摘されて勘違いがあったとわかるケースです。
自分の不注意が明白ですし、信頼が失われても文句を言うことはできません。

 

こういったトラブルはすべて自分の不注意によるものですから、完全に自業自得です。

最近は依頼を受けたときにまず、1記事だけをすぐに作成して
クライアントに確認してもらうようにしていますが、
これな失敗を受けて習慣にしたものです。

クライアントから1記事の先行納品を指示される場合もありますが、
言われなくても確認を仰ぐことで無用なミスも防ぐことができ、
気がつくライターであると評価につながることもありますから、
特にまだ慣れてないという方にはおすすめします。

ふとした勘違いが大変なことに?|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

ライティングの可能性を感じた仕事
管理人がライティングの仕事を始めた当時は不安ばかりでしたが、ある仕事が可能性を感じさせてくれました。
クライアントが行方不明!?
ウェブライティングの仕事はクライアントと顔を合わせないことも多く、トラブルにつながる要因もあります。
トラブル発生!
PCを使って取り組むライティングの仕事では、いつでも起こり得るトラブルに考慮しておく必要があります。
体調管理は生命線
ライティングの仕事は個人事業として行うものですから、十分な体調管理のもと仕事にあたる必要があります。
短文高額のラッキー案件
やはりライティングの仕事をしていて最高にうれしい仕事は、文字数が短く高額な単価になっているものです。
初心者ライターの月収
:ライティングの仕事へ本格的に取り組もうとなれば、ほぼ例外なく、月収1万円というような時期があります。
ウェブライターの不安
ライティングの仕事は1人で取り組む以上、強制されるものがありません。自由である反面、不安もあります。
「紹介」という出会い
ウェブライターは自分で動かなければ仕事も得られないものですが、時に紹介を受けるという幸運もあります。
節約にもなるライターという仕事
自宅でライターの仕事をするということは、外へ働きに出る場合と比較して節約になるという側面があります。
厳しいクライアントも自分の糧になる?
ライターには厳しく接するクライアントもいます。つらいものですが、一度仕事をしておいて損はありません。
ブラックからの脱出
管理人はずっとブラックのような環境で働かなければ生活も苦しかったものの、ライター専業で変わりました。
反面教師として汚点を晒す
正直在宅ライターという仕事は、自分との戦いです。自己管理ができなければ、どこまでも落ちていきます…。