短文高額のラッキー案件

クライアントの指示にしたがって一生懸命仕事をしているライターも一人の人間ですから、
できるだけ良い条件で作業したいと思うことは当たり前です。

 

管理人も案件を探すときには、
文字あたりの単価率を必ず計算して判断材料にしています。

 

個人的に最新のニュースや芸能関係などの話題を記事に取り上げることは好きなのですが、
なかなかキーワードライティングなどの仕事として募集されているケースはありません。
それもできるだけ文字数が少ない短文で良く、たくさんの話題を扱うことができれば理想的です。

 

以前受けていた案件で、こういった注目記事のランキングサイトで上位になっている話題をもとに
記事を量産するというものがありました。

 

300文字で100円という単価は
ずば抜けて高額であるということではなかったのですが、
月間10万円分まで自由に作業して良いという素敵な条件をいただきました。

 

その後クライアントの方針転換もあって作業量は減ったのですが、
その代わりに単価が2倍の200円へと引き上げられました。

 

何だかんだといっても、少ない文字数のライティングで
効率的に報酬が得られるという案件はモチベーションが上がるものです。

 

ひとつぐらいそのような仕事を探しても、ばちはあたらないでしょう。

短文高額のラッキー案件|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

ライティングの可能性を感じた仕事
管理人がライティングの仕事を始めた当時は不安ばかりでしたが、ある仕事が可能性を感じさせてくれました。
クライアントが行方不明!?
ウェブライティングの仕事はクライアントと顔を合わせないことも多く、トラブルにつながる要因もあります。
トラブル発生!
PCを使って取り組むライティングの仕事では、いつでも起こり得るトラブルに考慮しておく必要があります。
ふとした勘違いが大変なことに?
ライティングの仕事を続けていると、案件に関する勘違いなどから、思わぬミスをしてしまうこともあります。
体調管理は生命線
ライティングの仕事は個人事業として行うものですから、十分な体調管理のもと仕事にあたる必要があります。
初心者ライターの月収
:ライティングの仕事へ本格的に取り組もうとなれば、ほぼ例外なく、月収1万円というような時期があります。
ウェブライターの不安
ライティングの仕事は1人で取り組む以上、強制されるものがありません。自由である反面、不安もあります。
「紹介」という出会い
ウェブライターは自分で動かなければ仕事も得られないものですが、時に紹介を受けるという幸運もあります。
節約にもなるライターという仕事
自宅でライターの仕事をするということは、外へ働きに出る場合と比較して節約になるという側面があります。
厳しいクライアントも自分の糧になる?
ライターには厳しく接するクライアントもいます。つらいものですが、一度仕事をしておいて損はありません。
ブラックからの脱出
管理人はずっとブラックのような環境で働かなければ生活も苦しかったものの、ライター専業で変わりました。
反面教師として汚点を晒す
正直在宅ライターという仕事は、自分との戦いです。自己管理ができなければ、どこまでも落ちていきます…。