月収1万円は必要な道?

管理人がライティングの仕事を始めた当初は、副業として取り組んでいました。

 

いきなり生活していくことができるだけの収入が得られることは難しいのではないかと考えていたこともあり、まずはどれだけの稼ぎになるのかと様子見をしたいところがあったのです。

 

 

そうして仕事を1ヶ月してみたところ、月収はおよそ1万円でした。

 

本格的に仕事をしていこうという人の稼ぎが1万円にとどまれば、
最初から挫折してしまうかもしれません。

 

管理人にはまだそこまでうまくはいかないだろうという考えもあったため、
幸いにしてそれほどあわてることもありませんでした。

 

そもそも高収入の案件は一般的に仕様なども難しいものですから、
実際に初心者として最初の段階から受注することは困難です。

 

未経験であっても手がけることのできる案件を選び、
無理のないスケジュールで取り組むことを考えれば、
はじめはどうしても1万円程度ということになるわけです。

 

ですから初心者の方はそれを限界として見限ってしまうのではなく、
ステップアップするための通過点として考えれば気持ちも楽になるでしょう。

 

その間の経験は自分の実績としてアピール材料にもなっていき、
より多くの収入を得るための基盤にもなります。

初心者ライターの月収|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

ライティングの可能性を感じた仕事
管理人がライティングの仕事を始めた当時は不安ばかりでしたが、ある仕事が可能性を感じさせてくれました。
クライアントが行方不明!?
ウェブライティングの仕事はクライアントと顔を合わせないことも多く、トラブルにつながる要因もあります。
トラブル発生!
PCを使って取り組むライティングの仕事では、いつでも起こり得るトラブルに考慮しておく必要があります。
ふとした勘違いが大変なことに?
ライティングの仕事を続けていると、案件に関する勘違いなどから、思わぬミスをしてしまうこともあります。
体調管理は生命線
ライティングの仕事は個人事業として行うものですから、十分な体調管理のもと仕事にあたる必要があります。
短文高額のラッキー案件
やはりライティングの仕事をしていて最高にうれしい仕事は、文字数が短く高額な単価になっているものです。
ウェブライターの不安
ライティングの仕事は1人で取り組む以上、強制されるものがありません。自由である反面、不安もあります。
「紹介」という出会い
ウェブライターは自分で動かなければ仕事も得られないものですが、時に紹介を受けるという幸運もあります。
節約にもなるライターという仕事
自宅でライターの仕事をするということは、外へ働きに出る場合と比較して節約になるという側面があります。
厳しいクライアントも自分の糧になる?
ライターには厳しく接するクライアントもいます。つらいものですが、一度仕事をしておいて損はありません。
ブラックからの脱出
管理人はずっとブラックのような環境で働かなければ生活も苦しかったものの、ライター専業で変わりました。
反面教師として汚点を晒す
正直在宅ライターという仕事は、自分との戦いです。自己管理ができなければ、どこまでも落ちていきます…。