思いがけない「紹介」という出会い

管理人は最近、以前ほど遮二無二あらたな案件を探すことに時間は費やさなくなっています。
年単位で長期的に安定して仕事を任せてもらうことのできるクライアントが複数ありますから、
ある程度計画的に仕事をすることができているのです。

 

個人事業主として届けを出して5年以上になり、
お世話になっているクライアントにはお中元を贈ることができるほどになりました。

 

それはさておいてあらたな案件を探さなくて良いということは、ライティングという作業に振り向ける時間をより多く確保することができるということにもなります。
作業の生産性を考える上でも、大変効果的です。

 

もうひとつありがたいことはクライアントが取引先や同業者など、付き合いのある別のクライアントを紹介してくれるケースが多々あるという点です。

 

クライアントが信頼している間柄の取引先を紹介してくれるわけですから、
安心して仕事をすることができます。

 

いちウェブライターとして管理人は
現在、非常に恵まれた環境にあることを感謝せずにはいられません。

 

特に公にライターを公募していないクライアントとの出会いは、
本来であればあり得ないことですから、思いがけずも大きな縁を感じます。

 

毎日の積み重ねがありがたい縁をもたらしてくれることは必ずありますから、
初心者のライターさんもインターネット上の関係とばかにせず、
貴重な出会いを大切にしてください。

「紹介」という出会い|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

ライティングの可能性を感じた仕事
管理人がライティングの仕事を始めた当時は不安ばかりでしたが、ある仕事が可能性を感じさせてくれました。
クライアントが行方不明!?
ウェブライティングの仕事はクライアントと顔を合わせないことも多く、トラブルにつながる要因もあります。
トラブル発生!
PCを使って取り組むライティングの仕事では、いつでも起こり得るトラブルに考慮しておく必要があります。
ふとした勘違いが大変なことに?
ライティングの仕事を続けていると、案件に関する勘違いなどから、思わぬミスをしてしまうこともあります。
体調管理は生命線
ライティングの仕事は個人事業として行うものですから、十分な体調管理のもと仕事にあたる必要があります。
短文高額のラッキー案件
やはりライティングの仕事をしていて最高にうれしい仕事は、文字数が短く高額な単価になっているものです。
初心者ライターの月収
:ライティングの仕事へ本格的に取り組もうとなれば、ほぼ例外なく、月収1万円というような時期があります。
ウェブライターの不安
ライティングの仕事は1人で取り組む以上、強制されるものがありません。自由である反面、不安もあります。
節約にもなるライターという仕事
自宅でライターの仕事をするということは、外へ働きに出る場合と比較して節約になるという側面があります。
厳しいクライアントも自分の糧になる?
ライターには厳しく接するクライアントもいます。つらいものですが、一度仕事をしておいて損はありません。
ブラックからの脱出
管理人はずっとブラックのような環境で働かなければ生活も苦しかったものの、ライター専業で変わりました。
反面教師として汚点を晒す
正直在宅ライターという仕事は、自分との戦いです。自己管理ができなければ、どこまでも落ちていきます…。