厳しいクライアントも自分の糧になる?

ライターへ仕事を依頼しているクライアントには、さまざまな人や会社があります。

 

管理人は仕事を始めた当初こそ、案件をあまり選ばず積極的に受託していたのですが、
次第にあまり作業や納品に手間がかからないようなクライアントの仕事へ
力を入れる方向にシフトしていきました。

 

短時間で効率的に収入を得ることが望ましいということは、確かです。
ただその過程において、さまざまなタイプのクライアントから仕事を得ておくことは、
大切な経験になります。

 

管理人が経験した仕事でもたとえばキーワードや文字数、表現方法などについて
さまざまな禁止事項や必要事項が要求される案件がありました。

 

ひとつ条件を満たしていても別の条件が足りていないなど、
自分の書き上げた記事を何度も見直して手直しして、ようやく納品するわけです。

 

するとそれでも足りていないところがあって、
もう一度修正しなければならないといったことが多々ありました。

 

確かに面倒で時間もとられるのですが、その後の仕事では
同じレベルの基準を自分で無意識に記事へ課すようになっていたのです。
自然にライターとしての資質も、高めることができていたのでした。

 

また、ほかの案件では問題なく許容されてきた内容の記事が、
まったくなっていないとして酷評されたケースもありました。

 

これも画一的な対応をしていては、必ずしも記事がクライアントの
意に沿うものとならないことを学ぶ良い機会となりました。

 

さらには管理人の対応が良くなかったことから、
契約を解除されてしまったという例もあります。

 

しっかり確認をとりながら対応していたつもりではあったのですが、
業務について正しく理解することができていなかったために、
的外れな作業になってしまっていたのです。

 

時には残念な結果になってしまい、納品した記事に対して
報酬が支払われなかったといったこともありましたが、
そのような仕事からでも得られるものは何かしらあります。

 

落ち込んでいるだけでは、ライターとして成長することはできません。

厳しいクライアントも自分の糧になる?|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

ライティングの可能性を感じた仕事
管理人がライティングの仕事を始めた当時は不安ばかりでしたが、ある仕事が可能性を感じさせてくれました。
クライアントが行方不明!?
ウェブライティングの仕事はクライアントと顔を合わせないことも多く、トラブルにつながる要因もあります。
トラブル発生!
PCを使って取り組むライティングの仕事では、いつでも起こり得るトラブルに考慮しておく必要があります。
ふとした勘違いが大変なことに?
ライティングの仕事を続けていると、案件に関する勘違いなどから、思わぬミスをしてしまうこともあります。
体調管理は生命線
ライティングの仕事は個人事業として行うものですから、十分な体調管理のもと仕事にあたる必要があります。
短文高額のラッキー案件
やはりライティングの仕事をしていて最高にうれしい仕事は、文字数が短く高額な単価になっているものです。
初心者ライターの月収
:ライティングの仕事へ本格的に取り組もうとなれば、ほぼ例外なく、月収1万円というような時期があります。
ウェブライターの不安
ライティングの仕事は1人で取り組む以上、強制されるものがありません。自由である反面、不安もあります。
「紹介」という出会い
ウェブライターは自分で動かなければ仕事も得られないものですが、時に紹介を受けるという幸運もあります。
節約にもなるライターという仕事
自宅でライターの仕事をするということは、外へ働きに出る場合と比較して節約になるという側面があります。
ブラックからの脱出
管理人はずっとブラックのような環境で働かなければ生活も苦しかったものの、ライター専業で変わりました。
反面教師として汚点を晒す
正直在宅ライターという仕事は、自分との戦いです。自己管理ができなければ、どこまでも落ちていきます…。