気になるライターに関する疑問を解決!

 

 

 

 

 

 

 

在宅ライターの仕事に興味はあるのですが、どうしても怪しいのではないかと思ってしまいます。心配ないのでしょうか?

心配しないでくださいと言いたいのですが、残念ながら一部には詐欺商法のようなものもあります。
ただ、これはいわゆる「うまい話」に気をつければそうそう引っかかるということはありません。

 

短期間で高額の収入が得られるというようなことが必要以上に強調されている募集案内などは、避けた方が良いでしょう。
むしろ単価が低すぎるのではないかと疑問に思うぐらいのものが、仕事としては本物です。

 

ウェブライターの仕事をするときに、必要な情報はどうやって集めるのでしょうか?

クライアントによってはライターに効率的な作業を進めることができるよう、必要な資料を渡すという場合があります。
それを活用することで、クライアントの意図している内容から大きくそれない記事になるというわけです。

 

しかしながら大部分の場合では、ライターが自主的にインターネット検索をするなどして情報を集めるということになります。
誤った情報を参照してしまわないようにするということも、ライターの責任として含まれます。

 

責任問題にもつながりかねませんから、ここは慎重に作業しなければなりません。

 

在宅ライターの仕事をしたいのですが、正社員になるか業務委託で仕事を請けるかどちらが良いですか?

これは個人個人の目指すものによって、異なります。
やはり身分を安定させたいということですと、正社員として雇用される職場を探すということになるでしょう。
ただ在宅ライターとして仕事をしている人の多くは、副業というスタイルで取り組んでいます。

 

常勤ではなく、自宅で毎日の一定時間だけ作業をしたいということであれば、その都度業務を受託する方が好都合です。
社会保険などの天引きもなく、仕事をした報酬はまるまる自分の収入になります。

 

ライティングの仕事をしていて病気になったような場合、仕事をキャンセルすることはできますか?

これは、クライアントとの話し合い次第になります。
良心的なクライアントであればキャンセルを認めてくれて、それまでに完成していた記事の報酬も支払ってくれるというケースがあります。

 

一般的に業務委託契約では、依頼された記事をすべて仕上げて納品してから報酬が入金されるという流れになっています。
それを途中でキャンセルするとなると契約違反ということになりますから、極論をいえば途中までの作業に対してクライアントが報酬を支払う義務はありませんし、むしろ損害賠償を請求し得る事態でもあります。

 

ただ実際には急いで代わりのライターを探して依頼しなければならないということもあり、キャンセルされたライターの責任を追及するような余裕はないということが実状です。
いずれにしても誠実に対応することは必要で、誠心誠意お詫びはしなければなりません。

 

報酬は支払われなくても仕方がないというように、考えておいた方が良いでしょう。

Q&A その3|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

Q&A その1
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その2
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その4
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その5
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その6
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。