気になるライターに関する疑問を解決!

 

 

 

 

 

 

ライターの仕事をしてみたいのですが、若さはアピールポイントになりますか?

ライティングの仕事探しについては、必ずしも一般的な就職活動と同じように考えることのできないものです。
大学生などでウェブライターとして活躍している方もいますから、若い世代の方は仕事をすることができないということもありません。

 

これは案件次第というところもあり、専門性の高い記事などはやはりその分野における確かな経験がなければ書くことが難しい部分もあります。
また人生経験を重ねていくことによって、表現の引き出しや幅が広がっていくものでもあります。

 

ですからどのような募集に対しても画一的に若さを前面に押し出しているだけでは、仕事を得られにくいことも考えられます。

 

これまで働いてきて、ウェブライターとして転身したいと考えています。遅すぎるということはないでしょうか?

ウェブライターという仕事は、まったく年齢を問わずに活躍し続けることのできるという点が、大きなメリットのひとつになっています。
クライアントの意向に沿う記事さえ書くことができればアラフォーでもアラフィフでも、定年退職していても後期高齢者になっていても関係ありません。

 

そしてそれまでの人生で得てきたさまざまな知識や経験も、仕事へ反映させることができます。
身体的な負担も和らげられますから、外で働いていて身体が厳しくなったというときにもリタイア後の仕事として適しています。

 

いくつになっても、遅すぎるということはない仕事です。

 

 

在宅ライターの仕事に興味があります。仕事の募集では報酬も提示されていますが、額面通りの手取りになるのでしょうか?

在宅ライターの手取りに関しては、解釈次第のところもあります。
クライアントから受け取る報酬は、額面通りである場合が多くなっています。

 

ただ個人へ記事作成の依頼を出す場合には、源泉所得税額と東日本大震災以降は復興特別税額を差し引いての支払いがなされることになっています。
ライティング業務の報酬は原稿料という扱いになるため、法令ではそのうち10%が源泉所得税となります。

 

復興特別税は所得税の2.1%となっていますから、合計で10.21%が差し引かれる計算になります。
この差し引かれた金額については、在宅ライターが個人事業主として確定申告をするにあたり、申告することで所得に応じて還付される可能性もあります。

 

そのほか契約形態によって、報酬の支払いに際して振込手数料をライターが負担しなければならないというケースもあります。

Q&A その4|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

Q&A その1
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その2
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その3
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その5
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その6
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。