気になるライターに関する疑問を解決!

 

 

 

 

 

 

ライターの仕事をして収入が得られたら、確定申告をしなければならないと聞きました。具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

基準として年間の収入が20万円以上になると、確定申告をしなければなりません。
具体的な手続きとしては1月1日から12月31日までの収入と支出を計算して、税務署に報告するということになります。

 

決められた用紙があり、やり方がわからなければ相談することもできます。
ライターの収入はもちろん、記事を作成してクライアントから受け取る報酬です。

 

一方の支出、つまり仕事に関連してかかった費用についてわからないという人が少なくありません。
記事を作成するために取材へ出かけたとなれば、交通費や施設の利用料金などといった費用が経費となります。

 

また、仕事のためにパソコンや周辺機器、CD-Rやプリンタのインクなどの消耗品、書籍などを購入した場合も、その金額が経費に含まれます。

 

そのほか賃貸物件で暮らしていて部屋の一角を作業スペースにしているならば、家賃や電気料金などの光熱費について、面積や時間の割合で一定額を経費として計算することも可能です。

 

ライティングの仕事をしてみたいのですが、経験がなくどのような仕事を選べば良いのかがわかりません。

はじめから背伸びをする必要は、まったくありません。
未経験者可といった案件は、随時募集されています。

 

そうでなくても文字数が少ない案件、テーマが自由になっている案件、あまり記事を作成する上で制限が設けられていないような案件などを選ぶことがおすすめです。
実際の作業をこなしていくことで、コツも見えてきます。

 

クライアントからダメ出しをされることもありますが、逆にそこから求められている仕様を理解することもできます。

 

記事を作成するにあたってインターネット上で情報収集をするとき、特に参考になるサイトがあれば教えてください。

多くの人が利用しているインターネット百科事典であるWikipedia(ウィキペディア)は、ライターでも利用している人が多くいます。
ただ、盲目的に頼りすぎることには気をつけなければなりません。

 

Wikipediaは誰でも自由に項目を追加、編集することができるため、時には真実でない情報が含まれているケースもあるのです。
また、インターネット検索をすると結果の上位に表示されるサイトには、個人の作成しているものが少なくありません。

 

こういったサイトもまた、インターネット上の情報をもとに作成されているものが多いため、結局は同じような情報が使い回されているという状況もあります。
企業の公式サイトや都道府県、地方公共団体、教育機関などの発信している情報であれば、確実に信頼することができます。

Q&A その5|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

Q&A その1
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その2
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その3
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その4
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その6
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。