気になるライターに関する疑問を解決!

 

 

 

 

 

 

ライターの募集に応募しようとしたところ、履歴書をメールするように指示されました。どのように用意すれば良いのでしょうか?

最近は、パソコンで作成することのできる履歴書のフォーマットを簡単にダウンロードすることができるようになっています。
エクセルなどで開いて、項目を入力すれば良いようになっています。

 

記載する項目は一般的な就職活動を行う場合と特に違うところもありませんが、ライターとしての経験がある程度あれば、職務経歴書のような様式で別紙として実績をまとめておいても良いでしょう。

 

ライターが募集されていて、応募する上でサンプル記事を見たいと希望されました。お金にならないということで迷っていますが、適切な対応としてはどうすれば良いでしょうか?

クライアントがサンプル記事を要求しているケースでは、文章力などを見たいほかにレスポンスの速さを確認したいといった意図もあります。
自由な記事で良いということであれば、あらかじめサンプル用としていくつか記事を用意しておいても良いでしょう。

 

その中で良さそうなライターがいれば、即決になるということもあります。
また募集されている案件に関連するテーマの記事を指定されている場合は、具体的にその記事が採否を判断するための有力な材料にもなります。

 

このようなケースでは、サンプル記事も採用されると納品物の1記事として、報酬の対象になる場合が多くあります。
いずれにしても求められれば、できるだけスピーディーに対応することが望ましいでしょう。

 

ライターの仕事をしてみたいのですが、面倒な手続きなどはしたくありません。すぐに仕事をすることはできませんか?

個人のクライアントなどですと、メールのやりとりだけでも話がまとまれば、比較的早いタイミングで受注に至る場合はあります。
ただこれはきわめて不安定な関係であり、いつ関係が崩れてしまってもおかしくはありません。

 

そこまで理解している上でもそのようなかたちで仕事をしたいということであれば、各個人の意向ということになります。
やはり考えられるさまざまなトラブルから自分を守るためには、しっかりした契約を結ぶことが必要です。

 

インターネットを介しての仕事では無条件で相手を信頼するということが難しいため、いつ何時どういった事態に巻き込まれるかもわかりません。
不備のない契約を締結していれば、法のもとで保護を受けることが可能になります。

Q&A その6|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

Q&A その1
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その2
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その3
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その4
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。
Q&A その5
問い合わせフォームからいただきましたお問い合わせで質問の多かったものについて、まとめて紹介致します。