ライターとしてのキャリアと仕事の選び方

ライターに依頼される案件の報酬単価は、大変に幅の広いものとなっています。

 

作業すればするだけお金になるわけですから、
効率的に収入を得るならば単価の高い仕事をしたいということが正直なところです。

 

1文字が0.1円と1円では、つまり時給が10倍になるということでもあります。

 

ですが、単価が高い仕事はそれだけ難しいものであることを忘れてはいけません。

 

文章の質が重視される場合もありますし、
一般の人では及ばないような専門性の高さが求められる場合もあります。

 

一方安い仕事ですと、クライアントから指定されたキーワードだけ文中に使用されていれば、
文章自体は読むことのできるものであれば良いというようなケースもあります。

 

キャリア,仕事,選び方

特にキャリアが浅いうちは仕事の選び方として、
むやみに高額報酬の案件へ手を出さない方が無難であるかもしれません。

 

難しい仕事は当然に時間がかかりますし、
一生懸命に作業をしても満足が得られるかどうかは不透明です。

 

管理人の経験からも、さまざまな技術を向上させていくために
はじめのうちは単価こそ安くても、数をこなすことが正解であると考えます。

 

キャリアと技術の積み重ねは、仕事の選び方に「探す」ということだけでなく、
評価されて同じクライアントからより高単価の仕事を提示されるという
選択肢も増やしてくれるものです。

ライターとしてのキャリアと仕事の選び方|主婦でもなれる!在宅ライター関連ページ

クライアント選びは「広く浅く」?「狭く深く」?
ライターとして働いている人の多くは、複数クライアントの仕事を受託しています。それが良いのか悪いのか?